Spongebob

 

やぁ。みんなスポンジボブって知ってるかい?世界中の子供たちから愛されている番組なんですけどね。
僕は小さいころトムとジェリーを見て育ったこともあって子供向けのアニメは今でも地味に好きだったり
するわけですよ。トムとジェリーとかネコとネズミが追いかけっこしてるだけの本当にしょーもない番組
なんだけどさ。セリフ無いのに何であんな面白いのか不思議です。

スポンジボブは「ステファン・ヒーレンバーグ」って人が原作のアメリカ製のテレビアニメで、向こうで
始まったのは1999年とかもう15年くらい前なんですね。日本で放送されたのは2000年から放送されていた
みたいで、今はアニマックスとかで放送されています。ミドルネームはスクエアパンツ。アホか。笑

たぶん誰でも一回くらいはこの顔見たことあると思うんですよ。憎たらしいけど愛らしいというね。この
混沌とした情報社会で人気者になるには十分すぎるほどのギャップを持ち合わせています。公式サイト
見ると一度この顔見たら絶対忘れないってくらい子供だけでなく大人からも人気があるわけですね。

で、何でいい年こいたお兄さんがスポンジボブとか見ちゃってんの?という話になるわけですが、これに
は深い理由があってですね。実はここ最近になって英語を本腰入れて勉強するようになったわけですよ。
まぁ僕の英語力は「でぃすいずあぺん」しか言えないレベルなんで何から始めようか色々考えたんですが
その結果、子供番組見ればいんじゃね?という結論に至りスポンジボブで英語を勉強することにしました。

 

 

ってわけでDVDボックスをフルシーズンコンプリートしてみた


20131211_211943

 

たぶん僕の歴史上こんなにアホな買い物はないんじゃね?ってくらいAmazonから届いて箱開けた時に思い
ました。全部で9000円くらい?いい年こいた兄ちゃんがスポンジボブに飲み代3回分くらい払うとか爆笑
です。まぁいいんですよ。飲み会なんか行っても得るものないけどスポンジボブ見れば英語が身につくかも
しれないんだからさ。そう自分に言い聞かせてスポンジボブに野口さん9枚も使ったことを前向きに考えた。

英語の勉強という目的で買ったわけですから当然「英語音声、字幕なし」で見始めたわけなんですけど1話
見て気がついたことがありました。こ、これ超おもしろくね?英語でしかも字幕なしだからちょっと何言って
るか分からない所もけっこうあるけど何かノリで普通に楽しめる。スポンジボブの世界観にまんまと引きづり
込まれた僕はDVDボックス1つ450分(7時間30分)レベルの重さ×4シーズンという地獄のフルマラソン開始。

そんなわけで現在もスポンジボブな毎日(マジで)を過ごしている僕が、この番組の魅力、キャラクターの
魅力について語ったろうというのが今回の記事です。前置きながっ!でも絶対スポンジボブ好きになります笑
スポンジボブで英語を勉強してみて実際どーなん?的な話はまた今度気が向いたらしようかなと思ってるので。

 

 

スポンジボブのストーリーとか設定とか世界観とか色々


まずストーリーというものがこのアニメにはありません。なのでどっからでも見始めることができるわけです。
基本的にスポンジボブと愉快な仲間たちが「わーいわーい」してるだけのマジで何も中身ない番組だけどそれ
を許せる人には最高の暇つぶしになります。タイムイズマネーな人には堪えがたいかもれないですね。この前
スポンジボブを見てると頭おかしくなりそうと言ってる人がいたので。まぁ確かに頭おかしくなりそうです。

 

spongebob-catching-bubbles

左の黄色いのが言わずとしれたスポンジボブ。右のがパトリック。こんな表情は今の日本でまず見れない。

 

とりあえず毎回こんな感じで海底都市「ビキニ・ボトム」を舞台にひたすらしょーもない展開が繰り広げられ
ます。中身ないしキャラの顔もぶっちゃ腹たつし何がおもしろいんすか?と言われそうなスポンジボブですが
僕がこのアニメを心から絶賛する理由は何といっても「キャラクターの魅力」です。これが強烈すぎて見るの
をやめられなくなる。なのでスポンジボブに登場するキャラクターを僕の勝手な解説つきで紹介したいと思う。

 

 

スポンジボブ・スクエアパンツ


spongebob2

 

主人公で解説によれば四角形の海綿動物らしい。まぁただのスポンジじゃないってことですか。僕はチーズだ
と思ってたんですけどね。なぜかパイナップルの家に住んでいて「ゲイリー」というかたつむり?のペットを
飼っています。性格がもうお前頭おかしいんじゃね?ってくらい凄まじく前向きで常にハイテンション。その
上、他の誰かが言ったことを何でも信じるという素直さ。今時の日本人の子供に見習ってもらいたいですね。

スポンジボブに対して思うのは「子供のころこいつと友達だったら色々やばかったな」という点。とりあえず
一緒にいたら間違いなく自分も頭おかしくなってたし、このまま大人になったら絶対に社会でやってけない自
信があります。でもスポンジボブが友達だったら子供時代は死ぬほど楽しかったんだろうなと思ったりもする。

で、僕は英語の勉強としてスポンジボブを見ているので日本語吹き替えではなく英語の声優さんの声を聞いて
いるわけなんですが、これまた声が最高なんですね。こういう外人の子供いるわ〜(実際はいない)って感じ
の声でスポンジボブのイメージと完全に一致。この顔とこの声で動かれたらそれはもうマジでハラたちます。

 

 

パトリック・スター


blogtop-1

 

こいつマジで大好き。てかパトリック・スターって下の名前を今知ったんだけど「お前どのへんがスター?」
って思って調べてみたらヒトデという設定だったのね!とりあえずパトリックがいなかったらスポンジボブの
面白さは90%オフじゃね?ってくらいの存在感がある。設定ではスポンジボブの大親友で、いつもクラゲ狩り
をしたりシャボン玉を作ってスポンジボブと遊んでいます。お前らホント悩みとか絶対なさそうだよな。

あくまで個人的なデータなので何の科学的根拠もありませんが、パトリックを見ていればどんなに嫌なことも
マジでどうでも良くなるくらい負の感情がふっ飛ぶ効果が見られるようです。スポンジボブと同様この声優さん
も完璧すぎて文句のつけどころがない。この顔にあの声で好き勝手動かれたら腹抱えて笑わずにはいられません。

さっき設定を読み返してて爆笑したのが「性格はのんびり屋でくいしんぼう」まぁここまでは別に笑うとこない
わけですが「石の下に住んでいて家具は全て砂でできている」この辺から段々と笑いを抑えられなくなりはじめ
「無職」で爆笑した。スポンジボブは一応ハンバーガー店でバイトをしている。パトリックは無職らしいです。

 

 

イカルド・テンタクルズ


Season 2 - Bubble buddy 007 (15)

 

スポンジボブの隣に住んでいるおっさん。いつも不機嫌で自分が誰よりも素晴らしいと思っているひねくれ者。
スポンジボブの不幸を心から喜ぶ大人げないイカ野郎なわけですが本当はそこそこいいやつ。名前はイカルド
だけど実際はタコのようです。そしてイカルドという名前は日本での呼び方?のようで英語音声で見ている僕は
「スクウィーワード(Squidward Tentacles)」で覚えています。

スポンジボブとパトリックという最高の迷惑キャラがいたら絶対に必要になる被害者キャラ。それがイカルドと
いうわけですね。基本的にいつもスポンジボブとパトリックが好き放題やらかして痛い目に合うのがこのお方。
「恐らく作中で一番被害の多いキャラクターである」とかWikipediaに書いてあって爆笑しました。

まさに社会の理不尽さをそのまま体現したかのようなキャラ。理不尽さというか何と言うか、もうスポンジボブ
の不条理なペースに巻き込まれて最後まで報われないという見ていて胸が痛くなるキャラです。そんな不条理に
も負けずに強く生きている姿を現代人は見習うべきでしょう。昔は金髪のロンゲだったという設定に爆笑した。

 

 

サンディ・チークス


sandy

 

スポンジボブの友達でリスの女の子。頭につけてるのは酸素を吸うためのヘルメット。宇宙服みたいなもんです。
このサンディの設定がまた神がかっていて、どうやら「地上でやれることは全てやった」らしくそれで海の底に
やってきたようです。はんぱねーなお前。そんなこともあってか海底に作ったドーム型の家と研究所でロケット
やら何やらを開発している科学者。いや、普通に地上でやれよ。ちなみにテキサス州から引っ越してきたらしい。

サンディは何といっても本場(英語)の声優さんの声がかわいい!と個人的に思うわけですが、すごく聞き取り
やすい英語を話すのでリスニングの面で助かってます。イメージとしては外国の子供の声ってこんな感じなんだ
ろうなーといったトーンの声質。スポンジボブとパトリックの声がアホすぎるから唯一まともでとても助かる。

スポンジボブは空手が趣味らしく、その手合わせをサンディとやるわけですがサンディが強すぎてスポンジボブ
はいつもフルボッコにされてます。ドラゴンボールに例えるならスポンジボブはベジータでサンディはセルとか
魔神ブウといった感じ。スポンジボブが好意を持っている相手との噂がありますがその真相の程はいかに・・・?

 

 

まとめると英語の勉強をするにも単純に楽しむにも最高の番組


Spongebob-Squarepants-spongebob-squarepants-31312912-1280-1024

 

以上、いかがでしたでしょうか?
スポンジボブにはまだ他にも魅力的なキャラクターがたくさん登場します。今回紹介しきれなかったキャラクター
については実際に見て楽しんでもらえればなーと思います。また書いてもいいけどそれはそれで大変なのです。笑

ということで英語の勉強をしようかなーと考えている人は是非ともスポンジボブを「英語音声の字幕無し」で挑戦
してみて下さい。まったく何言ってるか分からなくてもキャラクターのテンションで何となく雰囲気つかめます。
単なる子供番組と侮るなかれ。これは大人も楽しめる最高のエンターテインメントでしょう!僕のイチオシです。

ではでは、みなさん良きスポンジライフを〜。