04f40e37c791dec36feb1975958014ad

 

先日とあるバンドのライブに行ってきたんですが、そこで「観客から見てこれは超重要だぞ」と思ったことがあったので今回はそのネタを書いてみることにしました。僕は自分がバンドをやっているわけではないので、あくまでライブを見る側の意見です。見に来てくれるお客さん側の視点ってたぶん一番大事なんじゃないかなーと。

会場に着いてライブがスタートするまでの間、しばらくは近くにいる人と喋ったり何だりで先生が来る前の教室みたいにザワついてますよね。まだかなーまだかなーとメンバーの登場を待ってるあの時間が実は一番楽しかったりもするわけですが、いざライブがスタートする時って一瞬でその場の空気が切り替わると思うんですよ。

 

そして一番会場が盛り上がる瞬間でもあります。少なくとも僕はライブが始まるあの瞬間が一番テンション上がるんですよね。メンバーが登場する時の「いよいよ始まるぜ!」みたいなあの感じが何とも言えない衝動を与えてくれます。そこで超重要だなと思ったのがライブのSE(入場曲)というわけです。きたぁぁああ!みたいな。

よく考えてみると、実はライブで一番最初に流れる音ってセトリの一曲目じゃなくてSE(入場曲)なんですよね。それってつまりそのバンドやアーティストの第一印象たるイメージを与えるめっちゃ重要な役割を担ってると思うんですよ。歌が入っていないからこそ雰囲気を演出するわけで、それが最初の盛り上がりに繋がります。

 

自分たちはバンドだからとか関係なく、舞台に上がって人の前に立つ以上はエンターテイナーであることを忘れてはいけないわけです。見に来てくれたお客さんが心から楽しんでくれるために試行錯誤するのは当たり前として、最初から最後まで「いやー最高の時間だった」と思ってもらえる工夫を張り巡らせるのはとても大事です。

マリオカートじゃないけどスタートダッシュが肝心!というのはたぶんライブでも同じだと思います。入場する時から既にライブは始まっているわけで、そこで一気にお客さんの心をグッと掴むと流れるように演奏に入っていけると思うんですよね。ここの繋ぎ目が自然であればあるほど引き込まれるし酔いしれてしまうのかなーと。

 


第一印象を決定づけるオリジナルSEで格好つけてみませんか?


ということでサンプル音源を2曲ほど用意しました!どちらも同じ曲ですが、編曲が入る前の「ラフ版」と編曲後の「完全版」となっています。すぐに気がつくほど奥行きや空気感など音質にかなりの差があるのでぜひ聞き比べてみてください。音源は持ってるから編曲だけお願いしたい!というご希望にもお答えさせて頂きます!

ラフ版は中学生や高校生など、あまりお金を使えない人たちにも依頼しやすいように格安にしました!とりあえずオリジナルのSEが欲しいという方もお気軽にご相談ください。ガッツリ編曲かけた高クオリティのSE制作もアレンジャーが腕を振るって仕上げさせて頂きます。もちろんご飯抜きです。お問い合わせお待ちしています!

 


学園祭のライブとかでオリジナルSE流れたらモテそうじゃね?


学生さん必見!かっこいいオリジナルSEを格安で作ってもらおうプラン:8,000円〜

 


他のバンドが羨ましがるようなオリジナルSEで登場したくね?


+αの編曲技術で奥行きのあるワンランク上のオリジナルSE作成プラン:20,000円〜

 


お問い合わせはこちらから


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

メッセージ本文

captcha
上の文字をを入力して下さい。