anohana

 

2011年にテレビで放送され、2013年には劇場版も公開されて話題になった感動名作アニメ
をやっとこ見ました。前々から気にはなっていたものの、なかなか見る機会がなくて先日
一気に全部見たので感想を書きます。全11話なんでけっこうあっという間でした。

 


幼馴染みの死という共通の過去を抱えた若者たちが再び集う


物語の舞台は埼玉県の秩父市がモデルになっていて、実在する建物や風景なども多く登場
します。秩父橋は作品の中でも何度も描かれていて、主題歌を歌う「Galileo Galilei」
のミュージックビデオも秩父橋の上で撮影されています。雰囲気めっちゃあって良い感じ。

 

 

幼い頃、仲が良かった6人の少年少女達。その中の1人の女の子「めんま」が事故で死ん
でしまったことが原因でみんなの心に距離が生まれてしまい、高校生になった今みんなの
関係はすっかり疎遠なものになってしまっていた。受験に失敗して地区底辺の学校へと進
学した主人公の「じんたん」は引きこもりとなり、家で起きて寝るだけの生活を過ごす。

そんな主人公の元にある日、小さい時に死んだはずの「めんま」が現れ、それを機に再び
幼馴染みが集まって「めんま」を中心に物語が展開していく。というお話。

突然現れた死んだはずの「めんま」は主人公にしか見えず、他の幼馴染みたちは主人公に
それぞれの感情でぶつかっていきます。それだけ5人にとって「めんま」という幼馴染み
の存在は大きく、それぞれが彼女に対して複雑な感情を持っていました。

「めんま」が現れたのは本人いわく「願いごとを叶えて欲しい」とのことで、主人公たち
はそれを叶えるために困惑しながらも彼女を成仏させるために前に進んでいきます。でも
姿が見えているのは主人公だけなので、信じているものがいたり信じていないものがいた
りと物語の序盤は久しぶりに集まった5人のぶつかり合いがリアルに描かれています。

「めんま」が死んだあの日、それぞれが嘘や誰にも話していない秘密を抱えていたことか
ら複雑な人間関係となってしまい、楽しかった幼少期とは真逆のやりとりが繰り広げられ
ます。子供の頃とは対照的な成長した5人の幼馴染みの心情描写がとても丁寧でした。

 


願いを叶えてあげたいけど叶えたら消えてしまう幼馴染み


anohana

 

「あの花」が物語として評価されるところは、1人の女の子を中心にそれぞれが複雑な心
情を抱いたり、すれ違いがあったり、ぶつかり合いがあったりと言った描写だと思います。
幼い頃はただ楽しいだけで良かった、でも成長した今は違う。そういう心が子供から大人
へと変わっていく時に若者が苦しむ葛藤がとてもリアルに描かれていて素晴らしかった。

過去の思い出を見ていて「こんな時代が自分にもあったな」と懐かしい気持ちになる反面
成長して中途半端に大人になった高校生という時期はきっとこういう発言や行動を自分も
とるんだろうな、という不思議な気持ちも生まれました。言葉で説明しづらい。笑

死んだ幼馴染みがある日突然表れるというシンプルな設定ながらも、それぞれのキャラに
それぞれのドラマがあって丁寧な演出で11話という短い時間の中に詰め込まれています。
「願いを叶えてめんまを成仏させる」ただ1つその目的のために主人公達は集まり、協力
して最後はみんなの気持ちが1つになり無事めんまを成仏させてあげることができます。

ラストはこれでもか!ってくらいに泣かせにくるので、前もってハンカチの準備が必要。笑
何と言っても2度目の別れですから。それはもう号泣ですよね。生まれ変わりが本当にある
としたら、またもう一度みんなに会いたい。そんな前向きな気持ちで去って行きます。

普段あんまり泣くことなんてない、というか映画とかアニメ見て泣くことなんてまずあり得
ないわけですが、こいつは不覚にもやられました。演出が本当によくできています。泣きな
がらも、こんな青春時代を過ごしてみたかったと少し羨ましい気持ちになってしまいました。

 


埼玉県秩父市に行って超平和バスターズで聖地巡礼しよう


anohana

 

舞台設定のモデルとなった埼玉県秩父市は東京から絶妙な距離にある田舎街で、市街地が山に
囲まれている閉塞感などが物語の雰囲気をより一層引き出してくれたのかなーと思いました。
舞台をどこにするかって物語を描く上でとても大切です。ひぐらしの白川郷とかまさにそう。

ということで、以上いかがでしたでしょうか?この作品は最近のアニメの中では性別年齢を問
わず誰でも楽しむことができる珍しい部類だと思います。それもあってか制作者は当時、その
設定や構成があまりテレビアニメ向きでないことから不安を感じていたようです。

 

 

映画版のこの曲も「Galileo Galilei」が担当していますが、マジでいい曲で泣きそうです。
こういう作品がもっと増えてくれればなーと個人的には思うのですが、やっぱりほとんど見か
けないので絶対に見といて損はない、そんな感動アニメです。是非とも一度ご覧あれ!

ではでは、みなさん良き感動ライフを〜。